ぶどうの産地

ぶどうの産地と言えば、山梨県、岡山県、長野県、山形県で、これらの県が全国の58%の

収穫量を誇っています。1位が山梨県、2位が長野県、3位が山形県、4位が岡山県となっ

ています。次いで、北海道、福岡、大阪と続きます。このように見るとよくわかりますが

、ぶどうの産地というのは、幅広く、青森から広島や島根までの本州を中心として、

北海道や福岡などでも栽培されています。それでもやはり、ぶどうの主な産地というと、

甲州ぶどうで有名な山梨県ということになります。次いで長野県、山形県、そして岡山県

となっています。ぶどうの産地で有名な県は、これらの県になりますが、ぶどうが一番多く

出回り、美味しい旬の時期と言えば、産地によって多少のずれはあるものの、

最も種類や数が出回り、美味しい食べ頃の旬の時期は8月から10月初旬頃になります。

 

ぶどうの産地を世界的に見ると、1位は中国で、2位はイタリア、3位はアメリカという順になっています。世界的に見ると、日本は41位にランクされています。多くの国と地域でぶどうは生産されていますが、主にイタリアやフランス、スペインなどが上位に入っています。